海外FX(XM)の確定申告をしてきました。(ネットの情報<実体験というお話)

WORK

出典:国税庁ホームページ 「https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/csw0300#bsctrl

海外FXを利用している人「海外FXで利益(損失)が発生したので、確定申告をしたいんだけど『いつ』『どこで』『どうやるの』?」

こういった疑問に応えます。

本記事の内容

・海外FXで損益が発生したけど、確定申告は『いつ』するの?
・確定申告は『どこで』できるの?

この記事を書いている私は、FX歴1年で先日所得税の確定申告をしてきました。

FXに限らずですが、雑所得が一定額以上発生した場合、確定申告が必要になります。

なので、ある程度収益が出てくると気になるのが、確定申告は『いつ』『どこで』『どうやるか』という点です。

私も同じで確定申告を実際にやってみるまでは、ネットで『いくらから確定申告は必要か?』や『経費として認められるものは?』、『海外FXの確定申告方法は?』などいろいろ調べていました。

しかし、税務署で実際に職員の方に質問・確認をしながら確定申告を終えてきたので皆さんに確定申告ってこんな感じだったよというお話をしようと思います。

※この記事は5分程度で読み終わります。
今回は法律や実体験を交えて書いているので、一部読みづらい箇所もあると思いますが、5分後には海外FXの確定申告方法だけでなく、確定申告の知識も身に付くと思います。

海外FXで損益が発生したけど、確定申告は『いつ』するの?

出典:国税庁 確定申告特集 「 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/index.htm

令和元年分の所得税の確定申告期間は

令和2年1月6日(月)~令和2年3月31日(火)

となっていましたが、新型コロナウィルス感染症の拡大防止の観点から

申告所得税(及び復興特別所得税)、贈与税及び個人事業者の消費税(及び地方消費税)の申告期限・納付期限について令和2年4月16日(木)まで延長することになりました。

✎ソース

国税庁 「申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限が令和2年4月16日(木)まで延長されました」

確定申告は『どこで』できるの?

出典:国税庁 「 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kakutei/kakutei/fukugyo.htm

確定申告は市役所及び税務署で行うことができます。

ただし、市役所での確定申告については、税務署より期間が短い場合があるのでお住いの市役所に日程を確認することをお勧めします。

✎情報確認先

最寄り市役所の税務課職員様

では、サラリーマンなどで平日に確定申告が難しいんだけど…という人はどうすればいいのでしょうか?

その方法は大きく分けて3つあります。

①インターネット(e-Tax)で確定申告をする
②確定申告書類を印刷して郵便で送付する
③税理士にお願いをする

ここで注意をしなければならないのは、家族など代理人ではダメなのか?という点です。

結論から言うと、税理士又は税務法人ではない者の税務代理は違法行為となります。

先に噛み砕いていうと税理士の仕事は

①税務代理…(納税者(個人事業主や会社)に代わって、税務署に対して各種税金の申告や申請を行うこと。
②税務署類の作成…確定申告書や法人税申告書、その他の税務署への届出書を作成することなど。
③税務相談…税金の計算や申告書など税務署に提出する書類の作成について相談に乗ること。

こういった仕事を有償無償関係なく、やっちゃダメだよということが定められています。

以下、税理士法より

第二条 税理士は、他人の求めに応じ、租税(印紙税、登録免許税、関税、法定外普通税(地方税法(昭和二十五年法律第二百二十六号)第十条の四第二項に規定する道府県法定外普通税及び市町村法定外普通税をいう。)、法定外目的税(同項に規定する法定外目的税をいう。)その他の政令で定めるものを除く。第四十九条の二第二項第十号を除き、以下同じ。)に関し、次に掲げる事務を行うことを業とする。

税務代理(税務官公署(税関官署を除くものとし、国税不服審判所を含むものとする。以下同じ。)に対する租税に関する法令若しくは行政不服審査法(平成二十六年法律第六十八号)の規定に基づく申告、申請、請求若しくは不服申立て(これらに準ずるものとして政令で定める行為を含むものとし、酒税法(昭和二十八年法律第六号)第二章の規定に係る申告、申請及び審査請求を除くものとする。以下「申告等」という。)につき、又は当該申告等若しくは税務官公署の調査若しくは処分に関し税務官公署に対してする主張若しくは陳述につき、代理し、又は代行すること(次号の税務書類の作成にとどまるものを除く。)をいう。)

税務書類の作成(税務官公署に対する申告等に係る申告書、申請書、請求書、不服申立書その他租税に関する法令の規定に基づき、作成し、かつ、税務官公署に提出する書類(その作成に代えて電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他の人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。第三十四条第一項において同じ。)を作成する場合における当該電磁的記録を含む。以下同じ。)で財務省令で定めるもの(以下「申告書等」という。)を作成することをいう。)

税務相談(税務官公署に対する申告等、第一号に規定する主張若しくは陳述又は申告書等の作成に関し、租税の課税標準等(国税通則法(昭和三十七年法律第六十六号)第二条第六号イからヘまでに掲げる事項及び地方税に係るこれらに相当するものをいう。以下同じ。)の計算に関する事項について相談に応ずることをいう。)

2 税理士は、前項に規定する業務(以下「税理士業務」という。)のほか、税理士の名称を用いて、他人の求めに応じ、税理士業務に付随して、財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行その他財務に関する事務を業として行うことができる。ただし、他の法律においてその事務を業として行うことが制限されている事項については、この限りでない。

第五十二条 税理士又は税理士法人でない者は、この法律に別段の定めがある場合を除くほか、税理士業務を行つてはならない。(名称の使用制限)

また、申告・申請等事務代理人届出書が必要となります。

✎参考サイト

電子政府の総合窓口e-Gov 『税理士法 最終更新:令和元年十二月十一日公布(令和元年法律第七十一号)改正』
国税庁 『[手続名]申告・申請等事務代理人届出手続』

海外FXの確定申告をしてきました。

さて、ここまで予備知識をつけて頂いたのでこっからが本題です。

先日、税務署に行って確定申告を済ませてきました。

税務署に行くと何が良いかって税務署職員が、e-Taxの入力や各項目の税金について相談しながら入力を進めることができることです。

以前、当サイトでも海外FXは総合課税です。とお伝えしましたが…

私 『海外FXの場合、国内FXと違い総合課税ですよね?どこに入力すればいいですか?』

税務署職員 『先物取引欄があるので、ここに入力をお願いします。』

印刷をして出てきた紙を見てびっくり!!

収入金額→分離課税→先物取引損失額

『え、分離課税ですけど大丈夫ですか?』

税務署職員 『大丈夫です。』

んなアホな( ゚Д゚)ナンダト

後日、収入金額等→給与欄所得から差し引かれる金額→社会保険料控除に誤りがあり、再提出に。

『以前、FXの損益を申告した際に、分離課税になっていました。私が使っているのは海外FXで総合課税になると思うのですが、確認をお願いできますか?』

税務署職員 『(印刷物を確認)こちらでけっこうですよ。』

『来年の申告時、今年はマイナスでしたがプラスの時も雑所得欄ではなく、同じ欄に入力でいいんですか?』

税務署職員 『えぇ、それで大丈夫です。』

なんですと…。

ボイスレコーダーと担当職員の名前を控えておけば良かったと本当に思います。

今度申告済みの書類を持って、担当者の名前と証拠を押さえに行ってきますが…。

結論として確定申告の際は、先物取引の欄があるのでそこに入力をすれば良いという事が分かりました。

また取引の種類の欄について、一度目の時はXM他(会社名)と記入するよう言われましたが、修正に伺った際は、FXで良いよと言われました。

この辺は相談した職員によるのかもしれませんね。

法律が変わったのかはたまたネットの情報が憶測によるものなのか分かりませんが、私はXM及びGEMFOREXの確定申告は先物取引欄に記入して終わりました。

知り合いの社長さん曰く、税理士にも得意な分野・不得意な分野があり、人によって経費になったりならなかったりと見解が異なることがあるそうです。

私の場合は、追納や脱税とかが嫌でめちゃくちゃ質問をしながら手続きを済ませた。

必ずしも今回の例が正解とは限らないので、確定申告の際は税務署職員に実際に確認しながら作業することをお勧めします。

それと分離課税として出来上がった場合、私の様に本当に合っているのか…と不安にならない為にも担当職員の名前と証拠を押さえておくことをお勧めします。

Posted by Nii