MT4の使い方を把握して、海外FXデビューをしよう

INVESTMENTFX

海外FX会社を使ってデビューをしたい人「海外FX会社で口座開設をしたいけど、MT4の使い方が難しそう…。実際に少し触ってみたけど、インジケーターや描画ツールなど、どうやって表示させるの?」

こういった声に応えます。

私が普段利用しているFX会社は、XMという海外FX会社になります。
他にも、GEMFOREXや国内FX会社のGMOクリック証券を利用しています。なぜ、XMを利用しているかは下記記事をご参照ください。

XMの評判(FX初心者向けにメリット、デメリットもまとめてみました)

✓本記事の内容

・MT4を使いこなすために、まずは画面構成を把握しよう
・操作コマンド・描画ツールの設定方法
 -2段目のアイコン欄
 -3段目のアイコン欄

MT4を使いこなすために、まずは画面構成を把握しよう

MT4は大まかに3つの画面に分かれています。

青枠:操作コマンド・描画ツールなど
黄枠:チャート画面(この画面にインジケーターや描画が表示されます)
赤枠:現在のポジションや口座状況・取引履歴、MQL5マーケットの利用など

操作コマンド・描画ツールの設定方法

ファイル

取引口座へのログインや新規チャートを開いたりすることができます。
また、購入したインジケーター等をMT4のファイルに入れる際にも使用します。

表示

気配値・ナビゲーター(口座切替やEA、VPSの設定ができます)・ターミナル・ストラテジーテスターなどをMT4の画面上に表示することができます。

挿入

インジケーターをチャート画面に適用させたり、描画ツールを選択し、チャートに挿入することができます。

チャート

表示中のインジケーターやラインについて、確認や設定の変更が可能です。
その他にも、ローソク足の表示形式やチャート画面の拡大・縮小、グリッドや出来高を表示させることが可能です。

ツール

新規注文やヒストリーセンターの設定が可能です。
また、オプションからMT4の画面表示の設定や、EAやシグナル、表示させるローソク足の本数などの設定が可能です。

ウィンドウ

PCモニターに複数のチャートを表示させたいときに、どのように表示させるか選択することが可能です。

2段目のアイコン欄を左から順番に説明します

※新規チャートの表示

新規チャートの表示

ここから新しく出したいチャートを選択し、開くことができます。

※チャートの組表示

チャートの組表示

チャートの組表示をします。自分でカスタイマイズした組を保存しておけば、誤ってチャートの組表示を変更してしまった時などに、スムーズに復元することができます。

※気配値表示

気配値表示

気配値の表示ができます。他にも、新規チャートで希望する通貨ペアが見つからない時に使用することもあります。

方法は、気配値表示の枠内で右クリック、「通貨ペア」を選択し、希望する通貨ペアを選択・表示するだけです。

また、右クリックから注文画面やチャートの表示、スプレッドや高値と安値の表示などをすることができます。

※データ・ウィンドウ

データ・ウィンドウ

カーソルを合わせたローソク足の詳細(始値・終値・安値・高値・ボリューム)を見ることができます。

※ナビゲーター

ナビゲーター

XMやGEMFOREXのように口座を複数持てる会社の場合、ここから簡単に口座を切り替えることができます。その他、インジケーターの挿入やEAの設定、VPSの設定なども可能です。

※ターミナル

ターミナル

現在のポジションや口座状況・取引履歴、MQL5マーケットの利用など ができます。

※その他、チャートの表示設定

その他、チャートの表示設定

・ローソク足の表示切替…バーチャート・ローソク足・ラインチャートに切替できます。
・緑枠、青枠については、画像の通りです。

3段目のアイコンについて

※描画ツールとローソク足の時間切替

赤枠は描画ツールです。

水平線やトレンドライン、フィボナッチ、価格の表示やテキストが入力できます。

オレンジ枠はローソク足の時間切替ができます。

説明は以上になります。

役に立ったよという方はSNSなどでシェアしていただけると嬉しいです。

Posted by Nii