(初心者でもできる)Google AdSenceにads.txtに関する注意が表示された時の対処方法

AFFILIATEWORDPRESS,アフィリエイト

Google Adsenceを利用しているある日「要注意-ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」

いきなりこんな連絡が来たら、びっくりしますよね。
私も記事を更新する程度なのに、いきなりこんな連絡が来て、最初はびっくりしました。

サイトのテーマ(デザイン)面で、何かしら不具合が発生したのかとすごく焦りました…。

とりあえずヘルプ画面を見てみても、「作成したads.txtを、ドメインのルートレベルでホストします。(以下略)」と例をつけて解説してくれているのですが、ホームページの作成、運営を未だ手探り状態で進めている且つ、得意分野ではない私には何のことか分かりませんでした。

しかし、いざ調べてやってみると作業自体はすごく簡単で、5分程度で修正ができました。

なので、今回は画像を交えて修正方法を解説していきます。

☑ads.txtファイル 修正の流れ

①テキストファイル(.txt)を作成します。
②ファイル内にテキストを入力します。
③ads.txtをサイトに反映させます。

※私のホームページ環境

・サーバー:XSERVERを利用しております。
・サイト :wordpressを利用しております。

✓参考記事

AdSence ヘルプ

作業に入る前に、そもそもads.txtってなんなの?という説明をしておきます。

下記にiab.TECH LAB 『ads.txtについて』の原文と和訳を載せました。しかし、分かりにくいと思うので簡単に説明をすると、オンライン広告の透明性を高めて広告詐欺を減らす為の仕組みです。

【原文引用】

What is ads.txt?
Ads.txt is a simple, flexible, and secure method for publishers and distributors to declare who is authorized to sell their inventory, improving transparency for programmatic buyers.

Ads.txt supports transparent programmatic digital media transactions and can remove the financial incentive from selling counterfeit and misrepresented media. Similar to robots.txt, ads.txt can only be posted to a domain by a publisher’s webmaster, making it valid and authentic. As a text file, ads.txt is easy to update, making it flexible. The data required to populate the file is readily available in the OpenRTB protocol, making it simple to gather and target. And because publishers sell their inventory through a variety of sales channels, ads.txt supports the following types of supplier relationships:

  • Domain owners who sell on exchanges through their own accounts
  • Networks and sales houses who programmatically sell on behalf of domain owners
  • Content syndication partnerships where multiple authorized sellers represent the same inventory

[Googleによる和訳]

ads.txtとは何ですか?
Ads.txtは、パブリッシャとディストリビュータが在庫を販売する権限を与えられている人を宣言し、プログラムによる購入者の透明性を高めるための、シンプルで柔軟性のある安全な方法です。

Ads.txtは、透明なプログラムによるデジタルメディア取引をサポートしており、偽造メディアおよび虚偽表示されたメディアの販売から金銭的インセンティブを取り除くことができます。robots.txtと同様に、ads.txtは発行者のウェブマスターによってドメインにのみ投稿され、有効かつ本物のものになります。テキストファイルとして、ads.txtは更新が簡単で、柔軟性があります。ファイルにデータを追加するのに必要なデータはOpenRTBプロトコルですぐに利用できるため、収集およびターゲット設定が簡単になります。また、出版社はさまざまな販売チャネルを通じて在庫を販売しているため、ads.txtは次の種類のサプライヤ関係をサポートしています。

  • 自分のアカウントを通じて取引所で販売するドメイン所有者
  • ドメイン所有者に代わってプログラムで販売するネットワークおよび販売会社
  • 複数の許可された売り手が同じ在庫を表すコンテンツ配信パートナーシップ

修正の流れ①:テキストファイル(.txt)を作成します。

お使いのパソコンのデスクトップ画面で右クリック→「新規作成」→「テキストドキュメント」を選択。

画面左上のファイルより名前を付けて保存→「ads」で保存。

修正の流れ②:ファイル内にテキストを入力します。

①先程作って頂いたads.txtファイルにGoogle AdSenceヘルプ記載の1行をコピーペーストします

✓分からない人は下記をコピーペーストしてお使いください。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

②Google AdSeceのアカウント→アカウント情報を開く。

サイト運営者IDが表示されるので、pub-以降の番号をコピーしておいてください。

③ ①でテキストファイルにコピーペーストした1行のpub-以降の0000….をサイト運営者IDに直す。

修正の流れ③:ads.txtをサイトに反映させます。

①XSERVERのログインタブより、ファイルマネージャを選択。ログインをします。

私はファイル名を「adx」と間違えていたので「ファイル名の変更」もしました。

②対象のサイトを選択→「public_html/」を選択。

③先程作成したads.txtファイルをアップロードします。

ads.txtファイルに関する作業は以上になります。

Google AdSenceに戻って、ページを更新します。
お知らせが消えていれば修正は完了です。

私の場合、お知らせが消えるのに1日程度かかりました。

もし、今回の手順で消えない場合は、Googleにお問合せ・確認することをお勧めします。

Posted by Nii