XMがつながらない…。MT4が動かない時の3つの原因と対策

INVESTMENTFX,初心者

XM(FX)をやっているとMT4がつながらない…。そんな時ありますよね。

注文をしたいのにMT4が動かない…。ポジションをクローズしたいのにできない…。これって結構ヤバいし、焦ると思います。

では、どうやったらMT4のチャートをつなげることができるのか?
それには、3つの対策があります。

ありがたいことに、MT4が動かない理由が、MT4内で表示されています。
つまり、そこから原因に合った対策をすれば、解決するということです。

本記事では、MT4が動ない時の対策を3つのカテゴリーに分けてまとめました。「XMがつながらなくて困った」という時にぜひご利用ください。

※自分のMT4をご確認していただき、症状にあった対策をご覧ください。

☑本記事の内容

・つながらない原因①:「無効な口座」と表示されている
・つながらない理由②:「回線不通」と表示されている
・つながらない理由③:正常なのに動いていない
・万が一に備えてXMのAppをダウンロードしよう

✔関連記事

XMは違法なのか(海外FXは違法なのか合わせて解説します)
XM 口座開設のやり方(サクッと解説します)

つながらない原因①:「無効な口座」と表示されている

対策1:入力情報の誤り
→ログインID、パスワード、サーバーを確認しましょう。

対策2:本人確認書類の提出が完了していない
→XMのマイページより本人確認書類の提出をする。もしくは提出書類が承認されているかご確認下さい。

対策3:定期的に取引をする。
→XMの場合、デモ口座有効期限120日、リアル口座有効期限90日となります。

対策4:XMのメンテナンス
→時間をおいてログインしてみましょう。

つながらない理由②:「回線不通」と表示されている

対策1:通信環境(wifiなど)が有効になっているか確認をする
→パソコンに有線(wifi)が通っているのか、wifiの電源は入っているのかなどを確認しましょう

対策2:取引されている日か確認する
→土日など、相場が動いていない日にMT4にログインをすると「回線不通」となります。

正常なのに動いていない

対策:MT4の「ツール」→「オプション」→「チャート」から最大バーの表示数を減らす
→「ヒストリー内の最大バー数」及び「チャート内の最大バー数」を減らしてみる

万が一に備えてXMのAppをダウンロードしよう

上記で紹介した症状によりXMにつながらなくなってしまった時のために対策を紹介してきましたが、もたもたしていると保有ポジションのクロージングのタイミングを逃し、損益に関わりかねません。

上記画像のようにXM 公式サイトのプラットフォームのタブから、お使いの携帯端末(タブレット)に合ったMT4もしくはMT5をDLしておくことをお勧めします。

※MT4で口座を開設した場合、MT5で口座ログインをしようとしても、つながりません。

Posted by Nii