労災で退職。休業補償などがどうなるか知っていますか?

労災関係労災

労災で退職をした人「労災で休業をしているけれど、もうすぐ定年退職。退職後、負傷の療養を行う場合、治療は受けられるのかな…。退職した(会社が倒産などでなくなった)場合でも労災補償って受けることができるの?」

こういった疑問に答えます。

☑本記事の内容

・退職した(会社がなくなった)場合、労災は受けることができるのか
・労災で休業中に定年退職…。治療続けたいけど費用保証はどうなる

この記事を書いている私は、労災で約2ヶ月の休業の後、職場に復帰をしました。今は退職をしておりますが、労災の手続きは進めております。

✓関連記事

労災を申請するメリット・デメリット(実体験より)
労災はいつまで従業員の生活を守ってくれるのか?(実体験より)

労災を機に退職の事を気にかけている人のよくある悩みとして「退職後の補償はどうなるんだろう…」という点があると思います。

私は元々退職を考えていた時に、労災に遭いました。職場復帰後、労災申請を済ませて、少しの間お礼として働いた後に退職をしております。

現状、企業側に請求書を止められているので、労働基準監督署から働きかけてもらっています。しかし、退職したからと言って休業補償が無くなるということはなく、キチンと対応を進めて頂いております。そこで今回は「退職後でも労災補償を受けることができるのか」根拠を明確にして解説をしていこうと思います。

※記事は3分ほどで読み終わります。3分後には、今までもよりも心が楽になっているはずです。

退職した(会社がなくなった)場合、労災は受けることができるのか

A. はい、できます。

そのような場合、事業主や会社の同僚の住所や氏名をお伺いすることがあります。※勤務している会社が労災保険の加入手続きを取っていない場合でも原則として仕事、または通勤により怪我や病気になった時には給付を受けることができます。

✓参考記事

厚生労働省 労働基準局 労災補償部補償課 『労災保険請求のためのガイドブック』より

労災で休業中に定年退職…。治療続けたいけど費用保証はどうなる

Q. 労災により、入院加療中であり、労災保険より療養補償急及び休業補償給付を受けている。近々定年退職となるが、主治医によると今月中に退院はできるが、仕事の復帰は当分できないと診断された。まだしばらくは、療養・休業が必要。このように退職後も業務上で被った負傷の療養を行う場合、労災保険給付は受けることができるのか?

A. できます。

下記に参考記事より引用した回答が載せておきましたが、長いので噛み砕いて解説します。

・労災保険給付中に雇用関係が無くなったから給付を打ち切りということはありません。被災者の損害の一部しか受け取れなくなることや、業務上の事由により負傷し療養しているのに治療が受けられなくなるということがないようにするため。

・休業補償についても、給付の打ち切りはありません。例えば定年退職をされた場合、あなたは他の事業所で働いていたかもしれません。そのため、保険給付を受ける権利を雇用関係の存在する期間のみに限定することは、賃金損失に対する補償であるという点から不合理であると判断されているからです。

労働者が業務上の事由により負傷または疾病を被った場合には、災害の性質や負傷又は疾病の程度によっては相当長期間療養しなければならないこともあります。このような場合、当然考えられるのがご質問のような労働者の退職という問題です。労災保険給付が、雇用関係の存在している期間中についてのみ補償され、退職などの理由により雇用関係がなくなった場合は補償されないということになると、被災労働者の被った損害の一部しかてん補されていないことになります。例えば、療養補償給付について、退職後は支給されないとなると、業務上の事由により負傷し療養しているのにも関わらず、その治療を受けられなくなるという不合理なことになります。また、休業補償給付については、定年退職後は当然賃金を受けることができなくなるので、休業損害が生じないため、補償を受けることができないのではないかとの疑問が生じるかもしれません。しかしながら、この保険給付を受ける権利を雇用関係の存在する期間のみ限定することは、休業補償給付が賃金損失に対する補償であるという点からして、不合理なものと言えます。なぜなら、負傷していなければ、定年により被災した事業場を退職し、当該事業場から賃金を受けないとしても、他の事業場に再就職し、賃金を得ることもできるからです。以上のように、業務上の事故に対する補償は、雇用関係の存続とは別に考えられることになります。このときは、労働基準法第33条及び労災保険法第12条の5で『補償を受ける権利は、労働者の退職によって変更されることはない』と規定されています。ご質問のように、たとえ、退職の理由により使用者との間に雇用関係がなくなったとしても、支給事由が存在する限り保険給付を受けることができます。

✓参考記事

静岡労働局 『労働局Q&A 労災関係』より

いかがでしょうか?

私の個人的な考え方ではありますが、『就職=投資』です。

えっ、と思われるかもしれませんが、自分の長い人生をその企業に投資をして代わりに賃金を頂いているわけです。やりがいなども大切だとは思いますが、お身体あってのことなので、労災に遭われた方はしっかり調べて対応することをお勧めします。

Posted by Nii