初心者の私でもできた!MT4を使ってバックテストを取る方法

INVESTMENTFX,初心者

自動売買ソフト(EA)や裁量取引のバックテストをしたい人「証券会社にバックテストの結果を送らなければいけないけど、どうやってデータを取るの?購入したソフトの期待値を知りたい。初心者でもできる具体的な方法を教えてください。」

こういった疑問に答えます。

☑本記事の内容

・MT4でバックテストを取る方法
・これで騙されない。EAはMT4のバックテスト結果を見よう
・バックテスト機能を使った裁量取引練習君

この記事を書いている私は、先日証券会社にバックテストデータを提出してきました。
直近の成績は、今のところ利益になっております。

シグナルプロパイダー初心者のよくある悩みとして、「バックテストデータをどうやって取ればいいかわからない…」という点があると思います。

私も元々は、シグナルプロパイダーをしようと思ったことはなく、プログラム関係は敬遠しておりました。みんな過去〇年分のバックテストを取ったって言っているけど、どうやって取っているのだろうと…。

とはいえ、調べて勉強をしたら、無事バックテストデータを取ることが出来ました。

そこで今回は「MT4を使ったバックテストの取り方やEA詐欺に騙されない方法」などを解説していこうと思います。

※5分ほどで記事は読み終わります。5分後には、今までより「バックテスト」に強くなっているはずです。

MT4でバックテストを取る方法

①メニューバーから「表示」→「ストラテジーテスター」を選択。
※ツールバーの虫眼鏡を選択しても可能です。

※赤枠は選択必須。黄枠は必要に応じて設定してください。

②テスターウィンドウから「エキスパートアドバイザー/インジケーター」・「通貨ペア」・「期間(ローソク足)」・「参照する期間」などを設定→スタート

※モデル:バックテストをどのような精度で分析するのかを3つの方法から選択します。

方法①:全ティック

全てのティックデータを基に検証するため、バックテストデータ取得に時間がかかります。
3つの方法の中で、最も正確なデータが取れます。

方法②:コントロールポイント

一定期間ごとに取得したデータを基に検証します。
大まかな方法なので、結果の信頼性は乏しくなります。

方法③:始値のみ

始値を基に検証します。
もっともスピーディーに検証でき、始値にしか動かないEA向けの方法です。

これで騙されない。EAはMT4のバックテスト結果を見よう。

以前40万で購入したEAを上記方法を使って、XMのデモ口座でバックテスト取ってみました。
※テスト期間を2019年1月1日~4月30日で設定

SNSなどでシグナルツールやEAの販売をしている人をよく見かけます。

「勝率70~90%」や、「1万円が〇分(〇日)で〇万になりました」と謳っていることが多いです。
LINEのトーク履歴などの画像を使って証拠としているところもあります。

バッシング覚悟で言わせてもらうと、「騙される方も悪い」です。

楽して稼ぎたいという「欲」や、無知という「勉強不足」の結果です。
良く知ろうともしない自分の傲慢や怠惰が招いた結果です。

偉そうなことを言っていますが、過去に私もEAやバイナリー用のツールで失敗したことがあります。

今後、同じ過ちを繰り返さない為にも、予防策を身に付けましょう。👇

それが、バックテスト結果を見るということです。

もし、相手がバックテスト結果を出せないと言うのであれば、何を根拠に「勝率」や「利益率」を出したのかという矛盾に繋がりますよね。

直近の一定期間での結果と言うのであれば、その期間の結果を提示してもらうことをお勧めします。

個人の体感ですが、勝てない人ほどツール購入や自動売買をして、トレードの損失を補填しようとする傾向にあると思います。とはいえ、全てのEAやシグナルツールを否定するつもりはありません。しっかりと対策を練って、なるべく騙されないようにしたいですね。

Posted by Nii