仮想通貨リップル(XRP)の今後の運用を考える

INVESTMENT仮想通貨

仮想通貨のバブルがはじけていく中、暴落中に「また戻ると考え買いを入れた人」、「利益確定した人」、「損切りをした人」いろんな人がいたと思います。

☑本記事の内容
・仮想通貨やリップルの今後の動向は
・そもそもリップルって何で注目されているの
・個人的な見解

相次ぐバッドニュースで、それらのタイミングを逃してホールドしている人「今後の仮想通貨市場はどうなるの…。リップルを最近聞くけどいいのかな…。」

この記事はそんな人向けに個人的な見解をだらだらと述べたものになります。
※現段階では投資助言の資格などは持っていない為、投資は自己責任でお願いします。

尚、この記事を書いている私は、暴落後の反発でリップルを購入するも、相変わらず続いたバッドニュースで絶賛マイナス運用中です。その為、難平して平均取得単価を下げております。

なので、今後も今の価格帯で推移をするのであれば、損小もしくは利小でのクローズになります。

仮想通貨やリップルの今後の動向は

結論から言えば、分かりません。

それが分かっているのであれば、既にポジションを増やすか損切っています。

仮想通貨市場では相変わらずハッキングや取引所の閉鎖などのバッドニュースが流れています。しかし、多くの人が既にオワコンと見切りをつけてくれたおかげで致命傷となるような価格変動は起きていません。

リップルについては、取引所での通貨ペアが追加されたり、銀行での使用が広まったりと最近では、その優位性故に好感が持てるニュースも出てきています。

個人的には、仮想通貨(今は暗号資産でしたね…)自体は非常に面白い仕組みであるのに、それに付け込んでお金を騙し取ろうとする人に上手くかき乱されている印象があります。

ICOなどは、資金集めの方法としても注目されているので、騙されないために、各々でしっかり分析して運用することを強くお薦めをします。

そもそもリップルって何で注目されているの

リップルは、アメリカに本拠地を置く「Ripple, Inc.」が開発した、銀行間送金向けの総合ソリューションです。

リップル社の目標は、国ごとに異なる決済プロトコルを、グローバルで統合し、あらゆる価値を情報のように安価に世界中どこへでも動かせるようにすることです。

仮想通貨 XRPは、BTC(ビットコイン)などとは異なり、民間企業であるリップル社を中心となって開発をしていること。XRPの発行上限は1000億XRPと定められているなどの特徴があります。

そんなリップルが、注目されている理由が圧倒的な送金スピードです。

※参考画像1
※参考画像2

仮想通貨を少し勉強した人ならブロックチェーンという言葉を聞いたことがあると思います。仮想通貨の多くが、このブロックチェーンに取引や送金データを記録して皆で管理をしています。

しかし、XRPはそのブロックチェーンを使っていないという点が最も注目されている特徴になります。
XRPはリップル社が独自開発した「コンセンサス・レジャー(Ripple Consensus Ledger)」という仕組みを使い「マイニング」作業をリップル社が信用する一部のValidatorのみで行うことにより、圧倒的な送金スピードを実現しています。

個人的な見解

先に明言しておきますが、これは私の勝手な見解です。
もし、XRPの購入や、仮想通貨への投資をお考えなら自分でも一度分析・研究をすることをお薦めします。

当記事に足を運んでくださった方は、恐らく「XRPは今後伸びる可能性が高い」という口車に乗せられて勝った人や「XRPは送金速度が速くて他の通貨より優位性がある」と聞いてホールドしている人ではないでしょうか?

繰り返しますが、自分の資産を投じる先のことはしっかりと勉強・分析した方がいいですよ…。

話を戻しますが…。

結論から言えば、私個人としては「XRPは、もう一度極めて大きく伸びてくると思っています。」

XRPが伸びるという根拠としては、以下の2点があります。

・根拠①:国際送金の問題解決
・根拠②:積極的な共同実証

根拠①:国際送金の問題解決

今まで国際送金をする際、手数料の高さや送金の遅さが課題とされていました。しかし、国際送金にリップル社の技術を使用することで、送金手数料は安くなり、送金速度も向上することが期待されています。

根拠②:積極的な共同実証

リップル社は各国の中央銀行とも積極的に共同実証を行っており、本格的な導入に向け動いております。

そうした背景もあり、以前から申し上げているように仮想通貨に投資しているというよりもリップルという会社に投資をするつもりで運用をしております。

おまけ

いつ上がるか分からない仮想通貨を、ただ塩漬けにするだけは勿体ないよと思われる方は、Bitbankが仮想通貨を貸して増やすということをやっています。

✓参考記事

bitbank 「仮想通貨を貸して増やす」

Posted by Nii