就活でFXは役に立つのか(専業トレーダーを考えている人含む)

THINKINGFX,思うこと

専業トレーダーを考えている就活生「普通に働くより、キャピタルゲインの方が収益は高いよね…。FXや株式投資で安定して利益を出せるようになってきたし、就職しなくてもいいのでは…。でも、会社の方が安泰とはいうよね…。」

こういった疑問に答えます。(個人的な見解)

☑本記事の内容
・就活にFXは役に立つのか
・企業への就職は、FXやるより楽には楽
・専業 or 兼業 就活とFXどちらを取ればいいの

この記事を書いている私は、企業に属していないという意味では専業トレーダーです。
最初は会社に入社をして、数年間働きました。
その間にいろいろと準備を進めて、今に至ります。

就活生のよくある悩みとして、「仕事へのモチベーションがない」という点があると思います。

自分が望んだ企業であれば、そんなことはないと思います。
しかし、「重なるお祈りメール」、「不労所得>労働収入」、「企業と自分が本当にマッチしているのか」、「ハラスメントなどの労働環境」など、いろいろな不安があります。

私は就職と専業、両方の経験をしております。
その経験から、「FXは就活において役立つのか」などを解説していこうと思います。

※本記事は5~10分程度で読み終わります。
5~10分後には、就活に対する新しい見方が出来ると思います。

就活にFXは役に立つのか

結論から言うと、「企業・面接官次第」です。

そもそもの話、日本人は投資と聞くと「危険・騙されるのではないか」というマイナスイメージがまだまだあります。私自身も最初はそうでした。
為替や世界情勢の影響を大きく受ける企業であれば、その知識は評価されると思います。

ただ、そういうのとあまり縁がない企業では、貴方を警戒してしまうかもしれません。

個人的には、就活に役立てたいのであれば、株式投資をお薦めします。
実際に取引をしなくても、iPhoneの標準アプリで株価を見ることが出来ます。

株式投資であれば、希望就職先が上場をしていなくても、業界の情勢が分かるだけでなく、世界情勢や為替から受ける影響を多少なりとも学ぶことが出来ます。

そこで得た知識を、自分の考えとして昇華できれば、希望就職先へのアプローチになると思います。つまり、株式投資の勉強・理解を深めることは、そのまま企業分析力に繋がります。

余談ですが、私は自己顕示欲が強く、知識などをひけらかしたいタイプだったので、企業関係なく見解を述べていました。結果として、金融関係はある程度選考を通過しましたが、一般企業はほぼ壊滅的でした。ただし、知識ではなく、私の立ち居振る舞いなど選考基準は様々ですので、一概には参考にできませんね。

どちらにせよ、FXをやるということは、就活だけでなく、専業(兼業)トレーダーになるという選択肢も増えるので一考するのはありだと考えます。
また、万が一の時に、自分で稼ぐ力にもなります。

次項目以降を読んでから、どちらがいいかを検討してみてください。

企業への就職は、FXやるより楽には楽

専業トレーダーになって思うのですが、就職していた方が楽だなとは思います。

理由はおおまかに以下の2つです。

・理由①:税金や保険などは会社が処理してくれる
・理由②:とりあえず出社して働いていれば、給料はもらえる

理由①:税金や保険などは会社が処理してくれる

給料明細をもらったことがあれば分かると思いますが、基本的に会社からの給料は、「国民保険」、「雇用保険」、「住民税」、「所得税」など、様々なお金を支払ってくれています。

専業(兼業)トレーダーでも、税金はしっかりと払う必要があります。
※脱税をすると、追加納税は本当にすごいです…。しっかりと手続きをすることを強くお薦めします。

自分で確定申告などをすれば費用は多少軽減できます。しかし、税理士さんなどに依頼をすると何十万と経費が掛かる場合があります。(Kazukiさん曰く)

>>Kazukiさんとは…成功者に習慣や体験談をズバリ聞いてみた。
※怪しい案件を紹介されていたので、記事を削除しました。 2019.10/08 追記

自分でできるとは言え、会社が今までやってくれていたことを思うと個人的には企業勤めは楽だったとも思えます。

理由②:とりあえず出社して働いていれば、給料はもらえる

FXに限らず、他の投資でも「キャピタルゲイン」、「インカムゲイン」どちらを取るにしても損失が発生するリスクはあります。しかし、就職していれば、安定した収入は入ってきます。投資は正しいことをした時だけ、収益が発生するということを肝に銘じておくことです。

専業 or 兼業 就活とFXどちらを取ればいいの

これについては、人それぞれの考え方があります。

私の考えとしては、
①お金儲けより、勉強という意味でのFXなら良いと思います。
②就活について、兼業トレーダーからの専業トレーダー化ならありだと思います。

✓参考記事

[初心者向け]2019年 これから始める資産運用

上記リンクでも述べたように投資は余裕資産で行うことをお薦めします。

お金に目がくらんで、退場⇒負債。となるくらいなら、FXは勉強程度に留めておく。
そこで培った知識を活かして就活をする。そして、生活基盤が出来たら余裕資産の中で少しずつ自立を目指せばいいと思います。

また、人によっては将来起業を考える方もいると思います。
そういう人は、いったん就職をして、企業からいろんなことを学ばせてもらうことも大きな経験になると思います。

ただし、これは私が人に相談をされたら、こう答えますよという話です。
以下、私個人だったら、どうするかという視点になります。

学生時代から、株式投資やFXの勉強はします。

私は、嫌なことからは逃げるべきだという考え方をしています。

嫌いな仕事、嫌いな人、鬱々とした休日明け。自分の仕事を中断して、他の事をしなければならない労働環境。多分、お前は何を言っているのだと罵られると思います。

しかし、私は基本的に携帯の通知はoffにして、自分のペースで勝手気ままに仕事をしていますが、会社勤めしていた時とは比べ物にならないくらい作業が捗る。自分の仕事、仕事への報酬、休日日数などいろいろな面から、毎日の充実感があります。

税金のこと、投資の事、アフィリエイトの事。勉強することは多いですが、全部自己成長になりますし、全部自分の裁量で、全部自己責任です。めちゃくちゃ楽しいです。

反面、収入がない・損失が出たという時は、凄く不安になります。
不安が半端ないので、人にはお勧めしようとは思いません。

けれど、私個人の事としてであれば、総じて会社に就職したいとは思いません。

それでも、私が就職という選択肢を取ったのは、投資はリスク資産だからです。
増えることもあれば、減ることもある。今年は稼げたけど、来年は稼げないかもしれない。

私はすごく臆病な性格なので、リスクは少しでも減らしたい。
だから、起業やアフィリエイトに目を向けたのです。

しかし、起業ノウハウもなければ、人と交渉する力も経理の知識もない。

嫌なことから逃げてきたから、嫌いな人との接し方やお願いの仕方。分からないことが多すぎました。

なので、私のようにいずれは起業によって、他の収益を作りたいなど明確な目標があれば、一度就職をするのはありです。

ただ、圧倒的な成功者になりたければ、就職期間中に学べることは学び、投資や起業など自分に合った勉強をしてのし上がっていく必要性があります。

Posted by Nii